蟲ピエロギ3種

最終更新: 4月1日



2018年1月13日(土)に獣肉酒家「米とサーカス」で開催した「高田馬場で昆虫食を楽しむ会」で調理した料理です。

アリ、ハチ、コオロギの3種類の蟲(むし)を使ったポーランドの国民食「ピエロギ」のレシピを、一挙大公開です!


<アリの子ジャム入り>

●材料(20人分)

  • アリの子・・・2缶

  • ジャム・・・1瓶

  • チーズ・・・6ピース

  • 餃子の皮・・・20枚

  • 片栗粉・・・少々

  • 水・・・少々

●作り方

  1. アリの子を茹でる。

  2. チーズを一口大にちぎる。

  3. (1)と(2)、ジャムを餃子の皮の真ん中にのせる。目安は「アリの子:小さじ1/2、ジャム:小さじ1/2」。

  4. 餃子の皮の外側に、水溶き片栗粉を塗り、半分に折りひだを作りながら軽く押さえたあと、フォークで閉じる。※空気が入らないようにすること。

  5. (4)を熱湯で茹で、餃子が浮いてから3分ほど茹でたら完成!


<ハチの子ジャム入り> ●材料(20人分)

  • クロスズメバチ幼虫・さなぎ(巣抜き)・・・150g

  • クロスズメバチ幼虫・さなぎ(巣ごと)・・・1巣

  • ジャム・・・1瓶

  • チーズ・・・6ピース

  • 餃子の皮・・・20枚

  • 片栗粉・・・少々

  • 水・・・少々

●作り方

  1. 巣からクロスズメバチ幼虫・さなぎをピンセットで抜いて、巣抜きのクロスズメバチと合わせ、茹でる。

  2. チーズを一口大にちぎる。

  3. (1)と(2)、ジャムを餃子の皮の真ん中にのせる。目安は「クロスズメバチ:小さじ1/2 ジャム小さじ1/2」。

  4. 餃子の皮の外側に、水溶き片栗粉を塗り、半分に折りひだを作りながら軽く押さえたあと、フォークで閉じる。※空気が入らないようにすること。

  5. (4)を熱湯で茹で、餃子が浮いてから3分ほど茹でたら完成!

※写真は撮り忘れてしまいました...


<コオロギ&地蜂の炒め入り> ●材料(20人分、★はソース)

  • コオロギ・・・40匹

  • クロスズメバチ成虫・・・30g  

  • 玉ねぎ・・・2玉

  • キャベツ・・・半玉

  • バター・・・2欠片

  • 塩・・・少々

  • 餃子の皮・・・20枚

  • ★玉ねぎ・・・1玉

  • ★醤油・・・50cc

  • ★みりん・・・50cc

  • ★バター・・・1欠片

●作り方

  1. 玉ねぎ2玉、キャベツ半玉を粗みじん切りにする。

  2. コオロギを素揚げする。

  3. (1)と(2)、クロスズメバチ成虫をバターで炒め、適宜塩コショウで味を調える。

  4. 炒めた(3)を餃子の皮の真ん中にのせる。目安は「クロスズメバチ成虫:5匹 コオロギ:3匹」。

  5. 餃子の皮の外側に、水溶き片栗粉を塗り、半分に折りひだを作りながら軽く押さえたあと、フォークで閉じる。※空気が入らないようにすること。

  6. 餃子を焼く要領で焼き、途中水を入れ蒸し焼きにする。

  7. 皿に盛り、ソースをかけたら完成!

●作り方(ソース)

  1. 玉ねぎ1玉を粗みじん切りにする。

  2. (1)をバターできつね色に色づくまで炒め、醤油とみりんを加え軽く煮立たせる。


※昆虫を初めて食べる際の注意

アレルギー症状がおこる場合があります。

エビ・カニなど甲殻類アレルギーをお持ちの方は、少量からお試しをお願いいたします。

58回の閲覧

最新記事

すべて表示

Copyright © 2020 NPO法人昆虫食普及ネットワーク All Rights Reserved.